アート・デザイン・クリエイティブの用語集データベース

コンセプチュアルアート

  • 読み方 || こんせぷちゅあるあーと /
  • 最終更新日 || 2011/05/27

Duchamp - Ready made
Creative Commons License photo credit: agushedem

よく聞きますねーこの言葉。直訳すると概念芸術。
作品の物質的、視覚的側面じゃなくて、観念的な面に価値があるのだーという昔流行ったアートの種類。1960年代から70年代のころ第二次大戦の戦勝国であるアメリカ美術の表現動向。

極端な話、目に見えるものはドーデも良いというアート。(ちなみにアートとは視覚芸術と訳される)事実言葉による指示書を作品としたアーティストもいる。

コンセプチュアルアートの発端はマルセル・デュシャンと言われている。
1961年にアメリカの美術家ヘンリー・フリントが「コンセプト・アート」という言葉を用い、1967年にアメリカの美術家ソル・ルウィットが「概念芸術論」を著し一般化した用語。

「コンセプト」ということに関して、少々思うところがある。

恐らくだけれど、バブル崩壊によりアート作品が売れない時代に突入し、アーティストは自分の作品を自分の言葉で説明しなけりゃならない部分が大きくなった。そのため美術大学ではコンセプトを言葉にして説明させる教育に重点を置くようになる。

すると学生はコンセプトが説明できるような作品をせっせこと作り出す。というよりコンセプトが説明できないものは作らなくなる。

もっというと、言葉にできないような作品は作らなくなる。。

本来言葉で説明できないものを平面なり立体の形にして表現するのがアートであるにもかかわらずね。。

だって言葉で説明できる様なものを表現するなら、本を書き、詩を詠めばいいわけですからね。

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ