工芸空間

工芸空間

工芸を考えること、すなわち近代における「美術」概念形成以前の日本の造型観・芸術観を鑑みること。情報インフラの発達でますます世界は小さくなってきている。21世紀我々日本人は何を以て世界と対峙すべきか?その答えを探る。

工芸誕生秘話-双子の兄=美術-

工芸誕生秘話-双子の兄=美術-

工芸ってなんだ?ということでまずはその生い立ちから見ていきます。
「工芸」って言葉も「美術」って言葉も明治維新後に作られた言葉。

美術・工芸はいつどうやって誕生したのか?

美術・工芸はいつどうやって誕生したのか?

どのようにして現在の「美術」というのは成立したんでしょ?言い換えればどのようにして「美術」と「工芸」は分離したのでしょうか? 官主導による美術概念の形成 明治初期の美術は、実質的に工芸を中心として展開してきました。そして […]

工芸とは一体なんなのだろう??

工芸とは一体なんなのだろう??

工芸とは何か?なんと曖昧で、なんとわかりずらいことばでしょう…。この工芸って言葉をずばり言い切るのは非常に困難です。ではなぜ「工芸とは何か」なんて考えるのでしょうか? 工芸について考えて一体何の利益があるのでしょうか?

現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ