アート・デザイン・クリエイティブの用語集データベース

漆かぶれ

  • 読み方 || うるしかぶれ /
  • 最終更新日 || 2010/09/07

utuwa4
Creative Commons License photo credit: kamome

成分としてはフェノール性化合物のウルシオール(urushiol)←コイツガかぶれの原因、ハイドロウルシオールの他、マンニトール、ゴム質を含むものとされ、漆の種類によっても違いがあるそうです。

おもしろいのは、漆は乾燥・硬化するためには酸素との接触が必須であるらしいが、高湿度であるほど乾燥・硬化が速くなるそうである。湿度が高いほど乾燥しやすいとは全く理解できないが…。

なお高温の方が乾燥は速くなるが、高温になりすぎると表面性状・色合い・透明性に不良が生じる。乾燥・硬化して完成した漆器製品表面には、微量の未反応 urushiolが残存しているため、漆器製品によるかぶれが報告されている。ただし、高温で乾燥した物ほど、残存urushiol は減少しており、かぶれは生じ難いということだ。

漆かぶれはヒドイと内臓まで炎症を起こしたり、肛門まで腫れ上がるそうだ。考えただけでもぞっとしますな。

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ