赤井太郎の展覧会・イベント情報などのメールDM配信をご希望の方は展覧会情報配信システムにご登録下さい。

おすすめのアートなメルマガBest3!

おすすめのアートなメルマガBest3!

photo credit: misterbisson メルマガ。 メールマガジン。。 みなさんはどの位のメルマガを購読してます? わたしは主に経済・経営系のメルマガと、アート系のメルマガを読んでます。 メルマガというもの […]

旅-コミュニケーション-アート

旅-コミュニケーション-アート

先輩の金属造形作家、留守玲さんが出展している<素材×技術>からフォルムへ-布と金属- を見に行きました。愛車のSV400Sで。実は私赤井は大のバイク好き。つくばエキスプレスなんてニューカマーも面白いかも、とも思いましたが […]

美術・工芸はいつどうやって誕生したのか?

美術・工芸はいつどうやって誕生したのか?

どのようにして現在の「美術」というのは成立したんでしょ?言い換えればどのようにして「美術」と「工芸」は分離したのでしょうか? 官主導による美術概念の形成 明治初期の美術は、実質的に工芸を中心として展開してきました。そして […]

工芸誕生秘話-双子の兄=美術-

工芸誕生秘話-双子の兄=美術-

工芸ってなんだ?ということでまずはその生い立ちから見ていきます。
「工芸」って言葉も「美術」って言葉も明治維新後に作られた言葉。

湯床吹きの実際

湯床吹きの実際

古来から行われていた、地金つくりの秘法「湯床吹き」をご紹介。
「湯床吹き」とは、溶かした金属をお湯の中に流し入れ地金をつくる技法のこと。

長い一日。一日は本当に24時間!?

長い一日。一日は本当に24時間!?

昨日はほんとうにながーい一日だった。私はスモーカーだ。 おおよそ一日1箱弱の煙をたのしむ。昨日は一箱じゃあ足らなかった。

ご存知のとおり、一日は24時間。これは誰に対しても同じ。 平等に与えられている。でも果たして本当にそうなのか?

鍛金と生業

鍛金と生業

このところ、友人の仕事の手伝いをしていました。都内某所のホテルにはいっているレストランの内装の仕事。鉄と銅によるパーテーションやら引き戸やらをつくってました。いわゆる鍛造のお仕事です。結構な額の仕事です。 屋外での作業も […]

現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Tag Cloud

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

© AKAI Taro, All Rights Reserved.

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ