アート・デザイン・クリエイティブの用語集データベース

  • 読み方 || どう /
  • 最終更新日 || 2010/09/06

赤い色をした金属とても柔らかく、加工しやすい。
また高度な技術で精錬された銅はとても粘りがある
そのため叩いて加工するにはもってこい。

一般的には10円玉が銅でできたモノ。これは銅には殺菌作用があるため。
だから銅でできた花器は花がいつまでもきれいに元気に咲く。だからプロの花屋さんは絶対に銅の花いれを使います。

非常に電気を通しやすいので、あらゆる電子機器に使われている。 例えば携帯からパソコン、オーディオ、電話線などなど挙げればきりがない。今日の情報化社会を根底から支えている一番大事なものといえる。また朽ちることがない強い耐久性を誇るため、昔から銅像や、屋根、仏像などに使われてきた。

熱を非常に通しやすいのでやかんやなべ等の調理器具として今もプロの料理人に愛されている。ステンレスなんかのやかんと比べるとお湯の沸く時間がなんとも早い!!

色に関して、銅という素材は色んな色味を見せてくれる。
伝統的に化学反応を起こしざまざまな色の表現をしてきた。

様々な色の金属たち
金属の発色技法-金属は化学変化で色を出す

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ