長い一日。一日は本当に24時間!?

長い一日。一日は本当に24時間!?

  • 投稿日時 || 2007年8月22日

昨日はほんとうにながーい一日だった。
私はスモーカーだ。 おおよそ一日1箱弱の煙をたのしむ。
昨日は一箱じゃあ足らなかった。

ご存知のとおり、一日は24時間。
これは誰に対しても同じ。 平等に与えられている。
でも果たして本当にそうなのか?

写真
Creative Commons License photo credit: Infinite Winter Photography

天文学的に、一日とは太陽の南中時刻の正午から次の正午までのこと。
これは地球の自転が毎日正確におんなじだーってことを前提にしている。
でも最近の時計精度の進化により、地球の自転は毎日おなじではなく、ちょっと自転が遅い日もあれば、早い日もあるというのだ。そうなってくると、

一日の長さは、物理的にも毎日同じではなーいということになる。

ちなみに地球の自転速度そのものも年々遅くなってきているらしい。 五億年前は自転速度がいまよりも断然速く、一日は21時間だったそうだ。 10億年後には26時間から27時間になるらしい。 つまりたまたま21世紀に生まれたからたまたま一日が24時間だったのだ。

時間に関してもうひとつトリビアしとくと、 もっとも標準時の多い国はアメリカだ。
合計で6つの標準時がある。 一つの国の中で6つの時間が存在していることになる。

「私の昨日」が長かったのはこの物理的に長かったということではなく、精神的にってことだ。 時間という概念は、そのときの感情・精神によって長くなったり、短くなったりするのは皆さん経験があることだろう。 楽しい時間というのは短く感じるものである。

ウィリアム・フォークナーの言葉にこんなものがある。
時計が止まるときにのみ、時間は生き返る。
なかなか深くて重い言葉である。

なんだか「私の昨日」は25年生きていてもっとも長い一日だったような気がした。 たぶん昨日は自転速度が強烈におそかったんだ。
わたしはそう思っている。

時に関するおすすめ書籍

時の本―a passport to time travel

☆村上 龍, 二間瀬 敏史, 川村 浩, 高橋 源一郎, 中島 義道, 織田 一朗がそれぞれの専門の観点から「時」について書いた本。

「時」という不思議で魅力的なモノをいろんな観点から考えることができる。 理論的には可能と言われているタイムマシーンの仕組みについて非常に分かりやすく説明されていたり、「時間は流れない」ということを哲学的に語られている場面があったり、文学的に時を考察していたりと、「何かを知る」ということが好きな人にはとってもお勧めの一冊。
また本の装丁も読む気をそそるデザインになっており、写真や図やらが多く、本を読むのが苦手な人にもおすすめ。

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ