鍛金とは何か?

鍛金とは何か?

  • タグ || /
  • 最終更新日 || 2010/09/09

「鍛金」とはなんぞや?

みなさんは「鍛金-たんきん」ということばを聞いたことがありますか?
普通はあんまりないですよね(w)
「鍛金」とは金属をたたいて加工する技法のこと。
現代の鍛金は、伝統工芸的な仕事からアート、デザインに至るまで、さまざまな領域でその先進的な造型を生かしています。

いまからこの『鍛金』について解説していこうと思いますが、
難しいことはさておき、まずは「鍛金」という技法で作られた作品をみてみることにしましょう。

鍛金の作品
左より制作者:宮本かおり、若森奏、赤井太郎

鍛金の彫刻作品
左より制作者:村上鉄平、羽生直紀、斉藤典子

これらの作品は全部、金属を素材として作られたものです。
いわゆるオブジェ・彫刻といわれるような物から、実用的なものまで実に幅広い!!

「金属」に対して皆さんが持っているイメージと比べてみてどうでしょう?
ここに挙げた作品を見てみると、色んな色があって、色んな形があって、 それぞれ色んな雰囲気をもっています。ただ金属と一言で言っても、こんなにもバリエーションに富んだ世界を可能にしてくれます。

金属で作られたアート
左より制作者:赤井太郎、彦坂玲子、堂本麻梨子

金属工芸作品
左より制作者:堂本麻梨子、伊藤恵理、赤井太郎

こういった金属のアート作品を作り出すのに必要なのが金工技法、金属加工技法なのです。ここではその金工技法、すなわち金属工芸技法の中から私がメインで使っている 鍛金技法についてこれから解説してみたいと思います。

詳しくは次の章で説明しちゃいますが、
鍛金というのは金槌で金属をたたき加工する技法のことです。
そして金工技法というのは金属を加工する技法のことで、鍛金という技法はこの金工技法のなかのひとつなのです。

ちなみに私の作品は以下から見れます。
赤井太郎鍛金作品集

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ