お知らせ_赤井太郎展覧会情報

長く使って愉しむものたち’07

Name
長く使って愉しむものたち'07 | アート×現場
Dates
2007年11月30日(金)~2007年12月04日(火)
Venue
可喜庵
Address
東京都町田市

江戸末期に建てられた古民家を会場に、全国から各種素材のアーティスト及び画家が集結し開催される展覧会です。企画者はKATACHI21です。
以下は、エディーターで工芸評論をされている笹山央さんがDMに書かれた趣旨の抜粋です。

現代の生活は使用期限の短いものに取り囲まれています。ものの寿命が短いと、日々の暮らしが何かいつも追われているような気分になりませんか。長く使い込んだものが持つ美しさということもあります。それはまた豊かな時間をもたらしてくれます。工芸家たちが1点、1点心を込めて作ったものたちとの長い付き合いを通して、人生を愉しみ、時間の中で育くまれてくる価値ということについて、もう一度思いをめぐらせたいと思います。

出展作家

  • 赤井太郎[金属板]
  • 東日出夫[漆]
  • 稲垣竜一[陶]
  • 妹背 裕[漆]
  • 岸野魯直[水墨・パステル]
  • クマガイユキ[金属]
  • 斉藤 衛[木工]
  • 中野みどり[紬織り]
  • 中川 晃[ガラス]
  • 松原成樹[陶]

イベント

12月1日(土)15:00-16:30 『長く使って楽しむためのコツ』の話
会費:1000円 / 講師:笹山央
12月1日(土)17:00-18:30『懇親会』(箸、グラス、小皿持参)会費:2500円(要予約)

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。わたくし赤井は新作5,6点を出展する予定です。

小田急線「鶴川駅」より徒歩約8分、世田谷通り沿い

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro, All Rights Reserved.

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ