アートに必要なもの=底上げ

アートに必要なもの=底上げ

  • 投稿日時 || 2006年11月27日

写真
Creative Commons License photo credit: Joe_Andrews

最近ひたすら制作を続けてます。
普段なら使わない技法や、やらない作り方、作る際の筋道をすらも変えてみたりして色んなモンを作ってます。 近々UPするつもりなので楽しみにしててください!!

そんなこんなで最近は制作とともに、来年の春渋谷はギャラリー、ル・デコ1Fにて行う展示について着々と話を進めています。 大まかには
アートとか工芸とか良くわからない人たちが見ても面白い展示
にする方向で案を練っておるところ。

作品を発表するたびに思うのは、自分たちがどういうことをしているのか?ということがあまりにも社会的に認知されてないってこと。 例えば「工芸」やってます、って言ってもその「工芸」という言葉が相手に与えるイメージと実際との作品の間にはギャップがあるし、もっと言うと 「金属工芸」やってます、なんていった日にゃ誰も見に来てはくれないでしょう。

そのくらい一般には認知されてないし、同時にそういった言葉が持つイメージとは違った世界にいるわけです。 だから取り合えず我々ツクリテがやるべきことは
自分たちの仕事を広く一般の人たちに知ってもらい、
面白い!!って思ってもらう
」こと。
ファンの底上げというか、地盤整理をせねばならんのではないか?と強く思い続けているわけです。金属工芸という領域は市場以前に、土壌もないのです。
そんなわけで小難しい言葉でなく、わかりやすいキャッチフレーズも必要だろうし、制作の実際の場なんかも知ってもらう必要もあるでしょう。

最近そんな調子でHPのほうの制作もしてるんですけど・・・
てなわけでいわゆる「学生のグループ展」にだけは絶対しないので楽しみにしていただけたらなあ、と思ってます。 どうぞよろしく☆

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ