『the crawl』と絶望と表現

『the crawl』と絶望と表現

  • タグ || /
  • 投稿日時 || 2005年12月20日

私の好きなバンドでplaceboってのがいる。好きというより唯一好きなバンドって言ってもいい。面子は三人でみんな違う国籍。ちなみにヴォーカルはハードゲイ・・・。ではなくバイの男。疾走感と虚無感が同時に展開するような音を作ってる。

写真
Creative Commons License photo credit: Maxime Dodinet

そんな彼らの曲で『the crawl』って名の曲があるんだけど、それが妙にこの師走に合う。なんていうんだろう?基本的にplaceboの曲は全部絶望から始まってるようなとこがある。でも絶望をネガティブに捉えるんじゃなくて、直視してるみたいな。絶望的な現実ってのを知っていて、でもそれに悲観せずにただありのままのその現実を直視してるって感じに。

「ホントは現実ってこんな感じだろ?でも俺はそれを知ってるけど別にふさぎ込んだりするわけじゃねえよ。」っていうようなバンド。

表現ってモンは、そもそも絶望からしか発生しないような気がする。目の前の現実に満足していたら何も表現する必要ないわけで。満足できないから、自分で満足できるモンを作るしかない。まあ現実には今の自分が置かれてる状況に満足してるのに、これがアートだ!みたいなことやってる人も多いみたいだけど。

Don’t go and lose your face
at some stranger’s place
and don’t forget to breathe
and pay before you leave

Lay me down, the lie will unfurl
lay me down to crawl.
Lay me down, the lie will unfurl
lay me down to crawl.
(placeboの3rdアルバム「without you I’m nothing」の中の「the crawl」から抜粋)

興味のある方は⇒Without You I’m Nothing
アートデータベース「placebo」

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ