踊れ!舞え!「大江戸舞祭」見聞録

踊れ!舞え!「大江戸舞祭」見聞録

  • 投稿日時 || 2005年9月4日

私事ですが、我が妹が「踊る」とうわさを聞き、ちょいと新宿まで足を運んできました。 9月3,4日に渡って都庁横の、 とみん広場を中心としたあたりで行なわれた「大江戸舞祭2005」であります。
案内用紙によれば、『小中学生が主役となって「東京ラプソディー2000」と「地元の伝統・文化・芸能」を鍵とし、 音楽、踊り、衣装で自由に自己表現する、連(チーム)踊り』を踊り、『踊り子と観衆が共創する祭り』であるとの事です。
付近は警察が警備をする中、近くの道路は封鎖され、その場所柄もあり、東京都の全面協力を感じされるものでした。詳しいことは分かりませんが、 大道芸免許制をはじめる等、文化方面にも力を入れている石原都知事の存在を感じました。

大江戸舞祭

さて、この祭りどうやら趣旨文の通り、参加者の大部分は小中学生だったようですが、わたくしの妹は高校生であります。 彼女は専門学校的志向の高校に通っており、その中の「パフォーマンスコース」なるものに属しているとのことで、その成果発表、 いや、そのダンスの内容から察するに表現発表の場として参加したようであります。どういうことかと申しますと、 彼らのダンスには、他の小中学生のそれとは決定的に異なる部分があったからです。それは「見せるダンス」をしているという事です。

彼らのダンスは、確実に観客というものを想定したダンスで、 「誰かに見せる」ということが前提としてあるものでした。つまりそれは趣味的なダンスではなく、それは明らかに社会との関係を意識したもので、相当仕込まれてるな 、という印象を受けました。顔の表情から、空間の意識、パフォーマンスとしての彼らのダンスは見る価値のあるもので、 兄のわたくしはとある感慨を受けました。

それは、自分と異なる分野で頑張っている人間と出会ったときに感じる、己のもう一つの可能性、 というものです。他者と触れ合うことの意味の一つとして、もう一つの自分の可能性を感じることができるということがあるように思います。 今私はこんなことをしているけど、もしかしたらこういう可能性もあったんではなかろうか、 と思えることは、他者と出会うことの醍醐味の一つであると言えるでしょう。それを、彼らのダンスを見ていて感じました。
まあ当然まだまだ未熟でしたが、「見せるダンス」から「魅せるダンス」へと昇華する時、彼らは次の新たな地平に立つことでしょう。 頑張れよっ。

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ