制作の現場がある

制作の現場がある

  • タグ || /
  • 投稿日時 || 2007年6月28日

今現在大作2個を制作中です。内一つは卒業制作以来の「不絞」シリーズ。金属の板を叩きに叩きまくり、表面積を収縮させて「しわっしわ」にしちゃうもの。

鉄のしわしわ
制作途中なのでちょっとだけ…

今回は鉄の板を「しわっしわ」にしてるのですが、なんせ鉄ってのは硬い。 金槌で鉄の板を叩くわけですが、色々と専用の道具を自作してまして、それらを扱うのは体にすごい負担がかかるんです。 卒業制作のときもそうでしたが、幾千回もの金槌を振り下ろす行為は、それと同じだけの振動を伴うもので、すでに右手首を侵しつつあります。。

鍛金とは体を大前提としたアート表現なのです。それは、こうやっていまこの文章を書いているようなWEBをクリエイトするのとは全く異なるもの。スポーツに近い側面をもっているような気がします。

そんなこんなで、「金属造形の制作の現場」をちょっとだけお見せします。 美術館やなんかでアート作品を見る機会はある方も多いと思いますが、実際の制作の様子を見ることはまずないでしょう。 しかし、作品は「つくられる」もので、そこには必ず「つくる」という行為があるのです。 なんとなく偶然ポーンとそこにあったものじゃない。 誰かの強い意志により、この世に意図的に創造されたものなのです。

アーク溶接の様子
アーク溶接と呼ばれる電気を使った溶接方法で鉄と鉄とを接合しています。

ガス炉にて銅を溶解中
右側の真っ赤なモノがガス炉。
箸と呼ばれる、熱いものを掴む道具で真っ赤な鉄の坩堝を覗き込んでます。

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ