美術・工芸という世界のリアル

美術・工芸という世界のリアル

今日は嘘つきのための免罪符『エイプリルフール』でしたが皆さんどんな嘘をつきました?私はすっかりエイプリルフールだという事を忘れていて、嘘をつき忘れてしまいました。。あー残念…!!。

金属の種蒔き-関井一夫・田中千絵・渡辺恭成・+(プラス)

話は変わって、銀座はギャラリー田中での展覧会が無事終了しました。
このギャラリーは企画画廊、つまりお金を出しても場所を貸してはくれない、作品を売ることで成り立っている画廊さんで主に用途ある工芸作品の展覧会を開催しているギャラリーです。

鍛金を初めてはや6年目に突入するわけですが、この6年の間色々な展覧会を見に行きました。 そこで分かったのは、美術全般にも言えることですが、殊「金工」「金属工芸」とくくられるような分野の作品を作りギャラリーで展示しても ほとんど売れないということです。

これは作品の良し悪しの問題ではなくということです。 残念なことですが、厳然とした事実です。 売れないということは、作品のみを作っても生活できないということであり、副業としてやるほかないのが現状です。 このことは作品の質の向上にも影響してきます。 当然作品の絶対数が少ないわけですから…。。

これは別に悲観しているわけでも、嘆いているわけでもありません。 また今やっていることは無駄だと言ってる訳でも、美術には何の価値もないと言っているのでもありません。ただ、「作品」と呼ばれるものを作り「ギャラリー」と呼ばれるスペースで「展示」するという形式は、お金にはならない、というのが現実である、 とアナウンスしているだけです。 私が大学に入学したとき、そんなことは誰も教えてくれませんでした。

春ということで、新しい生活をスタートする時期。
当然今年も美術大学には、夢を胸に入学してくる多くの学生がいるでしょう。
私たちには、そんな彼らに、この世界の事実を知らせてあげる義務があるような気がします。

ちなみに今日は4月の2日。。
残念ですが、これは嘘ではありません(笑)

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ