340台の自転車で作られたオブジェの陰に日産アリ

340台の自転車で作られたオブジェの陰に日産アリ

  • 最終更新日 || 2010/11/15

カリフォルニア州サンタローザに340台もの廃自転車を積み上げてつくられたオブジェができたそう。「Cyclisk」と名付けられたこのオブジェは高さ約20メートル、総重量は約4.5トン。

Cyclisk建設の風景

Cyclisk

しかし注目すべき点は大きさとか自転車積み上げたとかいうことではなく、この制作に日産が資金援助しているという点。

どういう事かと思い調べてみると、このSanta Rosaという市には、「$500,000以上の規模の商業施設の建設に際してはその1%をパブリックアートの制作に費やさなきゃだめ」ってな規則があるらしい。いわゆる「1%制度」である

芸術文化1%制度

日産が新たに作った販売店のコストが$3.7 millionらしいので、その1%にあたる$37,000がこの自転車積み上げプロジェクトに資金提供されたことになる。

芸術文化のための1%制度

そもそもこの建物を建設する際、総工費の1%を芸術に充てる「1%制度」と呼ばれるものは1950年代にフランスで制度化され、その後世界中に広まった。

「なんだよ日本もこれやれよ!」ってお思いの方もいるかもしれないが、実はこの1%制度は日本においても1970年代後半あたりに導入された。

しかし他国が法制化しているに比して、日本では条例・法律にて法的根拠を与えられることなく、各地方自治体によって独自に進められいつのまにか立ち消え…みたいな末路を描いたようだ。

芸術文化1%制度

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ