見たことない圧倒的な空間表現、2次元の域を超えた映像作品「Rip Curl 」

見たことない圧倒的な空間表現、2次元の域を超えた映像作品「Rip Curl 」

私がまだ大学生だったあのころ、カメラといえばフィルムカメラでした。
デジカメ自体はすでに世に出回っていましたが、デジタル一眼レフといってもフィルムカメラには遠く及ばない性能で、とてもじゃないが作品の写真を撮るツールとしては使えなかった時代でした。

時は移ろい、今となってはフィルムとデジタルの立場は完全に逆転し、10万円前後で十分な機能のデジタル一眼レフカメラが手に入るようになりました。
そんな新しい時代の時代の表現をご紹介します。

Rip Curl
Rip Curl – Mirage Boardshort

キャノンのデジタル一眼レフカメラを52台、それぞれほんの少しづつ角度を変えて定点設置し、それを繋ぎあわせて作られた映像作品「Rip Curl – Mirage Boardshort」。
表現された映像の中に圧倒的な奥行き=空間をみることができます。

いやー何度見てもすごい描写力と空間に圧倒されます。
ぜひスクリーンセーバーでほしいですね~。

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ