アートを存在させる「感覚」-お気に入りのアーティストをTimes Squareで展示させよう!!

アートを存在させる「感覚」-お気に入りのアーティストをTimes Squareで展示させよう!!

  • 最終更新日 || 2010/10/15

日本にはアートというものは存在しないと言い続けてきた。

なぜアートは存在しないのか?

それはアートという概念がないからであり、マーケットが無いからであり、「価値」というものは外部から示されるものだという考え方から抜け出すことが出来ていないからだ。

Times Square to Art Square

文化・芸術というものは自分たちで創り上げるものだという意識がないというのもその一因。

タイムズスクエアをアートスクエアに!!(Times Square to Art Square)というサイトはアーティスト支援のためのサイトである。どんなもんかというとまずは流れをみてみてほしい。

  1. アーティストが自分の作品写真をこのサイト上にアップする。
  2. 閲覧ユーザーがそのアップされた写真の中から自分が支援したいと思う作家に寄付する。
  3. 寄付を集めたアーティストはそれを使ってTimes Squareの電光掲示板で展示をする。

自分の気に入ったアーティストをTimes Squareで展示させる。自宅のPCからマウスとキーボードだけで支援できてしまうなんとも素晴らしい仕組みじゃないですか。

人ひとりひとりが自らの意志を表明する。
そして現実に変化を起こさせる。

日本人がこういう「感覚」「意識」をもてるかどうかが今後日本にアートが誕生するか否かの大きなポイントだと思う。

Times Square to Art Square

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ