^OA[JCu

動画

アースワーク

アースワーク

アースワークとは1960年代末のアメリカで生まれた自然を素材とする表現様式のこと。別名ランドアートとも言う。1968年のニューヨークはドゥワン・ギャラリーで開催されたグループ展 “Earthworks”により急速に認知された。多額の費用を要するアースワークは次第に金銭的援助者がいなくなっていくとともに衰退した。

インタラクティブに変容する劇場 by 1024 architecture

インタラクティブに変容する劇場 by 1024 architecture

今回はインタラクティブ・ビジュアルユニット「1024 architecture」によるインタラクティブな3Dプロジェクション作品をご紹介。光のイリュージョンによってただ単に建物が動いて見えるだけでなく、音、観客の声に反応しインタラクティブに出力映像が変化。

テオ・ヤンセン@「大人の科学」の付録 – 3500円

テオ・ヤンセン@「大人の科学」の付録 – 3500円

これまでに、世界最古の電子楽器テルミンや、江戸時代の天才科学者・平賀源内が作ったエレキテルなど、子供な大人たちがたまらず飛びついてしまうような付録を出してきた学研「大人の科学」ですが、次号の付録として、オランダ人アーティ […]

クリスマスプレゼントに最適!?磁石を喰らう磁石スライム

クリスマスプレゼントに最適!?磁石を喰らう磁石スライム

さてさて年末の金食い虫(?)クリスマスもあと少し。ガラパゴス検索ポータルYahoo!によれば、女性がクリスマスに欲しいプレゼントベスト3は、 1位:指輪 2位:ネックレス 3位:旅行 だそうです。 われわれ男としては「お […]

動く建築!?-ウクライナ独立記念日×アート

動く建築!?-ウクライナ独立記念日×アート

「建物が…動いた!!!」

Youtubeにとんでもない動画が挙がっていた。そう”動く建築物”。
どうやらウクライナの独立記念日に、政府の庁舎を使って行われたパフォーマンス?映像??のようだ。

見たことない圧倒的な空間表現、2次元の域を超えた映像作品「Rip Curl 」

見たことない圧倒的な空間表現、2次元の域を超えた映像作品「Rip Curl 」

キャノンのデジタル一眼レフカメラを52台、それぞれほんの少しづつ角度を変えて定点設置し、それを繋ぎあわせて作られた映像作品「Rip Curl – Mirage Boardshort」。
表現された映像の中に圧倒的な奥行き=空間をみることができます。

アートの変移を考える:エクセルでアートする人たち

アートの変移を考える:エクセルでアートする人たち

アートの変移?いやいや些細なことです。 最近ビジネス必須ツールのひとつである表計算ソフトExcelをつかって、絵を描きそれをネット上で公開している一群がいるそうです。 12時間で描かれたガンダム youtubeで1,10 […]

焼き入れ

焼き入れ

credit: CORE-Materials 「焼き入れ」と言っても、「懲らしめる」ってコトじゃなくて金属加工用語の方ね。 簡単に言うと、赤めた炭素鋼(炭素が入った鉄)を急冷(急激に冷やす)するとすんごく硬くなる。この熱 […]

ニチノール

ニチノール

credit: jeanbaptisteparis ニッケルとチタンの合金。 いわずもがなチタンは新素材といわれるほど近年になってようやく実用化され始めたスーパー金属であり、このニチノールもスーパー金属だ。なにがスーパー […]

笹山央

笹山央

1950年生まれ。京都大学文学部哲学科卒業後、 美術報知社で美術記者として活動。 工芸評論活動を中心に、季刊誌「かたち」「かたちノート」「工芸」等を発行。 現在多摩美にて教鞭をとる。 その洞察眼と「工芸」ってものに対する […]

銀ロウ

銀ロウ

金属の接着剤みたいなもの。表記は”銀ロウ”、”銀ロー”など。 半田付けの強力バージョンと考えて頂けると分かりやすい。その仕組みを簡単に言うと、銀ベースの金属を溶かして、金属と金属を接着する方法に使う道具。 同じく接合する […]

一億円単位で値が上がっていくオークション動画

一億円単位で値が上がっていくオークション動画

パブロ・ピカソ-Pablo Picasso(1881~1973)の絵画「ヌード、観葉植物と胸像」が5月4日に美術史上最高の落札価格、約1億648万ドル(手数料込みで日本円にして100億円超)で落札されたわけだが、そのすさまじい競りの様子をクリスティーズがyoutubeにアップしてたのでご紹介。
これはもう笑うしかない。
なんせものの数分の内に一億円単位でポンポン値が上がっていくのだから…。

電車の中で踊っちゃうアートパフォーマンスin大阪

電車の中で踊っちゃうアートパフォーマンスin大阪

大阪日日新聞にアートパフォーマンスの記事が掲載されてました。
アートというよりパフォーマンスの話題ですが、日本にもこんな活動してる奴らがいるんですよね。
日常の当たり前をちょっと変質させてやることで何かに気づく。

VFXのメイキングがかっこいいショートムービーNuit Blanche

VFXのメイキングがかっこいいショートムービーNuit Blanche

映像作品はほとんど見ないのだが、アメリカののニュースサイトなどでよく使われている動画共有サービスのVimeo (ヴィメオ) に投稿されたショートムービーのメイキングに思わず見入ってしまったのでご紹介。

バンクシー×映画=Trailer:初監督ドキュメンタリー映画

バンクシー×映画=Trailer:初監督ドキュメンタリー映画

バンクシー×ブリストル美術館=落書き展覧会!?アート界のテロリスト:バンクシーのグラフィティでご紹介したイギリスのグラフィティアーティスト、バンクシーですが、今度はどうやら映画を撮ったようでYouYubeにその予告編みたいなものがアップされてました。

2009年ターナー賞リチャード・ライト!-歴史と歴代受賞者たち

2009年ターナー賞リチャード・ライト!-歴史と歴代受賞者たち

2009年のターナー賞を受賞した画家のリチャード・ライトとノミネートされた4人のアーティストを取り上げる。またターナー賞の歴史と・歴代の受賞作家のほか、関連動画をご紹介。

カストロール1号-アートの生態系の今後を考える

カストロール1号-アートの生態系の今後を考える

実はオイルメーカーのカストロールがあほなプロジェクトを始動させていた。
その名も『カストロール1号開発プロジェクト神速!エンジン駆動フリーキックマシン』である。

PlaceboのRunning up that hill-優れた表現はなぜUKに行き着くのか?

PlaceboのRunning up that hill-優れた表現はなぜUKに行き着くのか?

この作品すげえなって思う表現やイベントのルーツを探っていくと「イギリス」へと行き着くことが多々ある。ダミアン・ハースト、ターナー賞・・・。音楽でも例外ではなく、その際たるものがPlacebo。Kate Bushの”Running up that hill”のカバーが何とも秀逸。

クラフトパンク「Studio Libertiny」×素材へのアプローチ

クラフトパンク「Studio Libertiny」×素材へのアプローチ

イタリア・ミラノで開催された「サローネ国際家具見本市」でのこと。「フェンディ」と「デザイン・マイアミ」がコラボレーションをしたパフォーマンス「クラフト・パンク”Craft Punk”」。そんなプロジェクトの中の「Studio Libertiny」によるパフォーマンス ‘the weldgrown void (from welded series)’をご紹介。溶接ビートで造型してるぞ!

布でできた車-GINAのデザインとアート

布でできた車-GINAのデザインとアート

先週行われたカナダGPでRobert Kubicaが自身初となるトップチェッカーを受けた。何の話かとお思いの方もいるだろう。世界最高峰のモータースポーツF1カナダグランプリでの話だ。 ここ数年はモータースポーツファンでな […]

フラックス

フラックス

ロウ付けにおいてバーナーで母材を加熱する時に、母材が酸化して酸化膜が表面に生成してしまうのを防ぐ薬品。 金属は加熱すると酸素と結合、つまり酸化して、その表面に酸化膜と呼ばれる膜を作ってしまいます。 この酸化膜ってのがある […]

近代日本の美術・沈黙の声を見る

近代日本の美術・沈黙の声を見る

東京国立近代美術館の所蔵作品展を見てきました。 「近代日本の美術」と題された展示では、美術という言葉が生まれた明治から今日に至る近代日本の美術の流れをその歴史的背景なんかとともに追えるような構成になっています。 開国によ […]

現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ