お知らせ_赤井太郎展覧会情報

鉄と炎の祭典:鍛造フェスタvol.2

鍛造フェスタフライヤー

ここ数年、自分たちの仕事、
つまり金槌で金属を叩いて何某かをクリエイトすることを
社会に対して積極的に発信する必要性を感じ、試行錯誤を繰り返してきました。
そんななか、今回『鍛造』という、鉄を真っ赤に熱してハンマーで叩く技法に焦点を当てて、皆さんに見てもらい、また見るだけでなく体験してもらえるイベントを開催することにしました!!

このイベントの見所は3つ。

一つは『鍛造によるデモンストレーション
全国より鍛造作家の方々をお招きし、ひとつの窓枠スクリーンを作り上げ、建物に設置するところまでをご覧頂きます。
会場中に配置された1000℃を余裕で越しちゃう数々の炉、
重いハンマー片手に何度も何度も鉄の塊を叩く大男たち、
これはとんでもない迫力です!!。

二つ目は『錫の印刻体験
見てるだけじゃつまらない!!
ということで実際に見に来てくださった皆さんに、錫(すず)と呼ばれるシルバーに似た輝きを持つ金属を叩いて携帯ストラップやアクセサリー、お皿などを作ってもらいます。
最後に自分の名前を刻印してもらいお持ち帰りいただきます。
もちろん無料☆

3つ目は『金属アートの作品展示
会場内で鍛造での制作の様子を見てもらったり、実際に金槌で携帯ストラップ等をつくったあとはこれらの技術・技法によりクリエイトされたアート作品たちをご覧頂きます。
見て体験した後にみるその作品たちは鑑賞者に対して強く何かを訴えてくるでしょう。

ぜひ動きやすい服装でいらしてください!!

なお7月12日まで、当イベントの鍛造デモストに参加してくださる鍛造作家さん、鍛鉄経験者の方を募集しております。
詳しくは鍛造フェスタ作家募集をご覧下さい。
(募集は終了いたしました)・ソ

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ