アート・デザイン・クリエイティブの用語集データベース

フラックス

  • 読み方 || ふらっくす /
  • タグ || /
  • 最終更新日 || 2011/01/28

ロウ付けにおいてバーナーで母材を加熱する時に、母材が酸化して酸化膜が表面に生成してしまうのを防ぐ薬品。 金属は加熱すると酸素と結合、つまり酸化して、その表面に酸化膜と呼ばれる膜を作ってしまいます。
この酸化膜ってのがあるとロウが直接母材に溶け込まないので接合できなくなってしまう。

フラックスにもさまざまなものがあり、母材や使うロウの種類によってを使い分ける。
なぜかというと、各々のフラックスは機能する温度域が異なるためで、例えば低い温度で機能する半田用フラックスを高温度域で作業する銀ロウ付けの際に使用してもフラックスが機能しないから。

ステンレスのロウ付けは非常に難しいのだが、そんなステンレス用のフラックスを発見!!

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ