アート・デザイン・クリエイティブの用語集データベース

エコノミーサンダー

  • 読み方 || えこのみーさんだー /
  • 最終更新日 || 2010/09/05

エコノミーサンダー

平らな面を出したいときに使用する切削機械。
赤茶色のベルトのが高速で回転し、そこにに材料を押し付けて削ります。
ベルトには番手が合って、用途に応じてその番手を変えてあげます。
つまりベルト部分は消耗品。
ベルトサンダーの兄弟

参考までにリョービ製のベルトサンダー。
B-4000T。
このクラスのものがあると作業性向上は保証されたも同然。
作業に合わせてタテ、ヨコ自由自在に切削面を動かせる。曲面、面取りの研削、研磨に最適。

こちらもエコノミーではないがリョービ製の小物用サンダー。
使ったことないからよく分からないけど、小物研削に便利な、裏返し固定用のクランプセット付だそうです。

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ