アート・デザイン・クリエイティブの用語集データベース

鍛金

  • 読み方 || たんきん /
  • タグ || /
  • 最終更新日 || 2010/09/07

金属工芸技法の一つで、平たく言えば金属を叩いて加工する技法のこと。
鍛金には大きく分けて、絞り技法、打ち出し技法、鍛造技法の三種類がある。その起源は人類が「金属」を発見したのと同時に生まれたものといえよう。多分銅鉱石かなんかを何となーく叩いてたみたのが始まりなんじゃないかな。

鍛金

鍛金の中の、絞り技法と打ち出し技法は金属の板材を使用するという技法ため、他の造形には見られないカタチを作ることが出来る。構造的に内部空間を有する形態になるんですね。ぼくはそこに面白さを感じています。

詳しくは鍛金のいろは

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ