アート・デザイン・クリエイティブの用語集データベース

フォーマリズム

  • 読み方 || ふぉーまりずむ /
  • 最終更新日 || 2011/05/27

フォーマリズムとは、表現された内容や主題ではなく、その形式を重視しそれを分析することで作品を解釈しようとした批評方法のこと。純粋な視覚性を重視する。人間中心主義=ヒューマニズムの否定であり、具体的には作者の感情や意図、社会背景、作品の印象などを排し作品解釈を行う。

写真Creative Commons License credit: NotoriousJEN

グリンバーグによる米国モダニズムの完成

アメリカの批評家クレメント・グリンバーグ(Clement Greenberg, 1909年 – 1994年)は、フォーマリズムをモダニズム絵画の中心に据えた主張を繰り返しモダニズムの価値基準を構築、ジャクソン・ポロックを最高の美術家と評するなどして抽象表現主義を擁護し、戦中・戦後の美術界におおきな影響を与えた。

グリンバーグの主張

39年の「アヴァンギャルドとキッチュ」40年の「新しいラオコーンに向けて」の両論文において以下のように意見表明をしている。

  • キャンバスの外=社会的な現実に言及しない
  • 色・形・線などの構成のみで如何に自律的な世界を作るか
  • 具象=物語の構成=悪

写真Creative Commons License credit: paulshen

抽象化された絵画は観客の批評能力を高め、具象表現を多用する大衆芸術(イラスト、ジャズ、コミック、映画)は観客にその場しのぎの楽しみを与えるだけでその批評能力を後退させる「キッチュ」であるとして否定。戦後世界を折檻するアメリカ発アートのはじまりがこのグリンバーグである。

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ