アート・デザイン・クリエイティブの用語集データベース

キュレーター

  • 読み方 || きゅれーたー /
  • 最終更新日 || 2010/10/18

まず先にここでは「学芸員」と「キュレーター」を区別して考えたいと思う。厳密な意味において外国のキュレーターと日本の学芸員の役割は異なるという主張が多いため。

キュレーターとは、curate=展覧会を組織すること、の意から分かるように博物館や美術館、図書館などの文化施設において、それぞれの分野に関する研究を主として行い、展覧会の企画から会場の管理、全体的なマネジメント業務までこなす職業のこと。

小規模な施設においては館長業務を務めるなど非常に権限の強い管理職的な意味合いをもつ。

多く場合キュレーターは文化施設に所属しているが、フリーランスとして活動する「インディペンデントキュレーター」とよばれる個人もいる。

またアートの領域においては、展覧会の企画が主となることが多いようだ。

写真
Creative Commons License photo credit: AtilaTheHun

キュレーターの仕事

専門とするジャンルによっても、施設所属かインディペンデントかによっても異なるであろうが、以下に具体的な仕事内容をあげてみる。

  • 展覧会テーマの考案・企画
  • 展覧会場の手配・交渉
  • 参加アーティスト及び作品の選定
  • カタログの作成・執筆

学芸員

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ