書評空間-おすすめのアート・デザイン本

絵の言葉

  • 最終更新日 || 2010/09/19

絵の言葉

Author
小松 左京, 高階 秀爾
Publisher
講談社
Day
1976/09
Size
15 x 10.5 x 1 cm
Page
文庫: 234ページ
Value
Tag

絵は言葉である。
それ自体に意味を持っている。
その意味を読み取る文法と辞書が、「言葉」と同じように「絵」にもある!?
絵を読み解くための辞書というものが昔はあったそうです。
びっくりですね!

本書によればその辞書にしたがって昔の人々は絵を描いていたそうで。
とてもおもしろかったですこの本。
図像学的な見地から絵をみていくのですが、つまるところそれは絵に行き着くのではなく、時代背景や社会通念などに話が及んでいくところが 本書の魅力。
洞察力をつけたい方におすすめ!!
対談形式なのでとても読みやすく知的な会話に富んだ好著。

  • 絵は言葉である
    • アイコノロジーの諸相
    • 言葉のイメージと絵のイメージ
  • 絵に文法と辞書がある
    • 説得技術としての造形
    • イメージ・コミュニケーションの論理操作
    • 造形の機能
    • 美と自然の関係
  • 絵と自然の繋がりを読む
    • イメージとサイン
    • 理性的認識と感性的認識

もっと詳しく絵の言葉をみてみる。

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ