書評空間-おすすめのアート・デザイン本

『日本近現代美術史』美術手帖

  • タグ || /
  • 最終更新日 || 2010/09/24

美術手帖『日本近現代美術史』2005年 7月号

Author
美術出版社
Publisher
美術出版社
Day
2005/6/17
Size
21.2 x 14.8 x 2.2 cm
Page
雑誌
Value
Tag

特集はズバリ『日本近現代美術史』。
歴史を学べば、アートがわかる。
美術史を知ることは、作品理解にかかせないトコロ。
逆を言うと、
美術の流れを知ることでどうしてこの作品に価値があるのか?
というのが見えてきます。

またツクリテにとって美術史とは、自分の作品の立ち位置、ポジションを知るためには学ばなくてはならない部分。
歴史を学び、自分の作品の立ち位置を把握することは、他人に自分の作品を説明しなくてはならない 昨今の状況で大いに役に立つでしょう。

19世紀までの西洋美術史の本はいっぱいあります。
20世紀の西洋美術史の本は、各々の美術動向別にそこそこそろってます。
でも、日本の20世紀以降の美術史を一冊で体系的にまとめた本はありません。
そんなわけでこの本は買いだと思います。

1905年から2005年の100年間の日本の美術家、動向、様式の流れを写真入りで体系的に網羅しています。
分かりやすく言うと、これ一冊読めばもうOKみたいな感じです。
こんなおいしいとこ取りの本は他には知りません(笑)

ちなみに李禹煥、草間彌生、川俣正、森村泰昌、村上隆へのインタビュー部分もおもしろかったですよ。

もっと詳しく美 術手帖『日本近現代美術史』2005年 7月号 をみてみる

Pocket
LINEで送る

「アート×現場」の公式Facebookページ

MoMAstore
現代美術情報サイト:アート×現場 アーティスト赤井太郎によるアートの現場の情報サイト『アート×現場』

Latest Newsお知らせ

新着情報一覧へ

Latest Post 新着記事

Tag Cloud タグ

彫金 アートとは? ビデオアート 音楽 現場 道具 造型論 パフォーマンス デザイン イラレ 写真 美術概念 美術史 文化 技法 工芸概念 コミュニケーション 東日本大震災 鍛冶屋 マネー Web 展覧会 オークション ジュエリー 金属 世界のアート 工芸 鍛金 動画 作品

赤井太郎アート作品集

Copyright © AKAI Taro

powered by wordpress thanks a lot! ~  総ページ数:277

ページトップへ